2050年の 都 道府県 予測 人口ランキング

All Rights Reserved. 2010年(平成22年)の2005年(平成17年)比人口増加率。増加したのは9都府県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・滋賀県・大阪府・福岡県・沖縄県)で、東京都が突出して高い。その他38道府県では減少した。 地方圏:大都市部以外の道府県 出典:人口:日本の将来推計人口(全国:2012年1月推計、その他:2013年3月推計) 世帯数:日本の世帯数の将来推計(全国:2013年1月推計、その他:2014年4月推計) [国立社会保障・人口問題研究所] Copyright © LIFULL Co.,Ltd. 42位 埼玉県 26.4%(35.8% 9.4) 2010年(平成22年)の2005年(平成17年)比人口増加率。増加したのは9都府県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・滋賀県・大阪府・福岡県・沖縄県)で、東京都が突出して高い。その他38道府県では減少した。 まず、日本の人口は2018年10月時点で1億2,644 万 ... 総務省の資料をもとに都道府県ランキングを作成しました。カッコ内の数値は2045年の予測値(左側)と高齢化率の伸び(右側)となっています。 2018年高齢化率ランキング(一覧) 1位 秋田県 36.4%(50.1% 13.7) 2位 高知県 … 2- 2 都道府県別人口と人口増減率(エクセル:16kb). 16位 鳥取県 31.6%(38.7% 7.1) 日本全体でみると、少子高齢化による人口の減少が続いています。 しかし、47都道府県のうち7つだけは人口が増えています。 この記事では、総務省統計局の資料をもとに、各県の人口の増減を見てみましょう。 ※1 人口・世帯数に関するデータは、平成30年(1月1日から同年12月31日まで)の住民基本台帳人口・世帯数に基づいて作成しております。 ※2 市区町村の人口順位のデータには同じ市区町村が一部重複して含まれているため、実在する正確な市区町村数とは異なります。 2- 5 年齢5歳階級別人口(エクセル:16kb). 44位 神奈川県 25.1%(35.2% 10.1) 国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年3月推計)』のデータを使用して、2045年の市町村の人口ランキングを作ってみました。 2015年から2045年の人口増減率によって色を付けています。 国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年3月推計)』のデータを使用して、2045年の 北海道 の市町村の人口ランキングを作ってみました。 2015年から2045年の人口増減率によって色を付けています。 結果、5千人未満の自治体の割合は、2040年には22.0%まで上昇し、総人口が5千人未満の自治体が占める割合は全体の5分の1となる。 25位 福井県 30.2%(38.5% 8.3) もっとも低い県は沖縄県(21.6%)で、その次に東京都(23.1%)、愛知県(24.9%)といった都心部や大都市をかかえた都県が続いています。, このランキングからわかる通り、地方都市ほど高齢化が進み、大都市は比較的高齢者の割合が少ないという傾向は、都道府県ごとの人口分布を見たときの大きな特徴といえます。 地域ブロック別に見ると、人口が5千人未満となる自治体数が最も多くなるのは北海道で109、続いて中部58、九州・沖縄53、東北40となっている。特に北海道は、2025年には半数以上の自治体で総人口が5千人未満になると予測される。 5位 徳島県 33.1%(41.5% 8.4) 19位 鹿児島県 31.4%(40.8% 9.4) 株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝)は、未来社会構想2050に関するレポートをまとめ、発表しました。 2019年10月25日追記 【ニュースリリースの訂正とお詫び】 10月11日に発表しました本リリースの内容に一部誤りがあり、10月25 45位 愛知県 24.9%(33.1% 8.2) 自治体数を規模別で見ると、2010年から2040年にかけて総人口5万人以上の自治体は550から444に減少する。一方、5万人未満の自治体は1,133から1,239に増加するとされている。特に、5千人未満の自治体の割合が上昇し、226から370へ1.6倍の増加となる。 27位 岐阜県 29.8%(38.7% 8.9) 21位 福島県 30.9%(44.2% 13.3) 国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年3月推計)』のデータを使用して、2045年の 北海道 の市町村の人口ランキングを作ってみました。 2015年から2045年の人口増減率によって色を付けています。 前回ご紹介した調査(2015年)では、2050年の推計は97億人で一緒でしたが、2100年時点の人口は113億人という数字でした。最新版の予測では、人口増加が少し穏やかになっています。 人口減少を経験する … 2位 高知県 34.8%(42.7% 7.9) 報告書では、2019年に77億人と見積もられている世界の総人口について、増加速度は低下しつつあるものの、増え続けていると指摘。国連の予測によると、2050年には世界の総人口は約97億人に、今世紀末までには約110億人に達するという。 ここから本文です。 第2章 人口・世帯 2- 1 人口の推移と将来人口(エクセル:22kb). 都道府県の人口総数ランキング. Copyright (C) PROTO MEDICAL CARE ALL RIGHT RESERVED. 2005年から2010年にかけて、38道府県で総人口が減少。その後も総人口が減少する都道府県は増え、2020年から2025年にかけて初めて沖縄県の人口が減少に転じ、2025年には全都道府県で総人口が減少することが予測されている。2040年には、全ての都道府県で2010年の人口を下回る。 28位 佐賀県 29.7%(37.0% 7.3) 3位 島根県 34.0%(39.5% 5.5) 3位 ポルトガル 21.95% 31位 三重県 29.4%(38.3% 8.9) 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 15位 宮崎県 31.7%(40.0% 8.3) 全体的な人口減に反して高齢者は増加し続ける、という問題は解消されないため、今後も日本の高齢化率が上昇し続けていくことは確実な情勢です。, 総務省の推計では2036年に高齢者の割合は、ついに33.3%を超えるとされています。これは日本人の実に3人に1人は65歳以上となることを意味しています。 14位 新潟県 31.9%(40.9% 9.0) 国立社会保障・人口問題研究所は27日、2040年の人口がすべての都道府県で減少するとの推計を発表した。全国平均で2010年に比べ、16.2%減少する。 まず、日本の人口は2018年10月時点で1億2,644万人ですが、そのうち65歳以上の人口は3,558万人となっていて、これは日本の全人口のおよそ28.1%にあたります。 2030年に人口が減るのは、「東京」と「沖縄」を除いた45の道府県です。 中でも、特に人口の減る割合が高いのが「秋田」です。 秋田は、2030年には、2015年の約80%、2045年には約60%まで人口が減ります。 内閣府は、少子高齢化や消費生活等の状況変化に対応し、中心市街地における都市機能の増進、および経済活力の向上を総合的かつ一体的に推進することを目的に「中心市街地活性化」を推進している。これまで中心市街地活性化基本計画が認定されたのは、141市212計画。(平成29年6月末まで) まず、日本の人口は2018年10月時点で1億2,644 万 ... 総務省の資料をもとに都道府県ランキングを作成しました。カッコ内の数値は2045年の予測値(左側)と高齢化率の伸び(右側)となっています。 2018年高齢化率ランキング(一覧) 1位 秋田県 36.4%(50.1% 13.7) 2位 高知県 … 8位 青森県 32.6%(46.8% 14.2) 世界的に先進国、途上国を問わず高齢化は加速すると予想されているのですが、とくに人口統制政策や日本を上回るペースの少子化などによって、かつての日本よりも急速に高齢化が進んでいる国があります。それが中国、韓国、シンガポールといったアジアの国々です。, 韓国は特にそのペースが顕著で、2000年からの18年間で高齢化率が7%から14%に上昇しています。日本は同じ割合での増加に24年費やしているところからも、韓国の急速な高齢化の深刻度が読み取れるでしょう。, さらに、人口規模からいっても将来の深刻な問題を予測できるのが中国です。中国は2017年ごろから急激に高齢化率が伸びてきています。2018年の時点では中国の高齢化率は10.92%と世界65位にあるものの、この数値は今後10年間で25%前後まで上昇する見込みです。2060年ごろには37%台までに達し、ゆくゆくは日本を抜くのではないかと予測されています。 年代ごとの推移、都道府県での比較、それから世界ランキングでみた日本の高齢化率の位置づけなどを通じて、この問題はもはや世界的な課題であることが理解できるはずです。, 日本の少子高齢化問題は深刻だっポ。これから先もさらに高齢者の割合が増えるんだよ。今回は、ちょっとまじめに分析してみるっポ。, 日本が超高齢社会を本格的に迎えているという事実は、日本に住む人なら誰しも実感をともなって感じられます。その実態についての具体的なデータをみていくと、日本は世界的にみても非常に高い高齢化率となっていることが明らかです。, 総務省が毎年発表している「人口推計」をもとに少しみていきます。 5位 ギリシャ 21.66% LIFULL HOME'S PRESSでは、これまで人口減少や高齢化について触れてきたが、今回は内閣府発表の平成29年版高齢社会白書などから、地域別の高齢化の状況について取り上げたい。 40位 千葉県 27.5%(36.4% 8.9) 9位 マルタ 20.35% 過去の都道府県の人口一覧は、1872年 1月2日(旧暦:明治4年 11月22日)に成立した第1次府県統合以降の過去の都道府県別調査人口を、主に戸籍調査と国勢調査の結果を中心にまとめたものである。. 46位 東京都 23.1%(30.7% 7.6) q44、1886年の都市人口best15は?その後大きく成長した都市は? (2012.11.17) q32、 2050年の各国別人口。世界一はどこ? 1,200. ※日本の将来推計人口 2012年1月推計より, ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社LIFULLは一切の責任を負いません。, LIFULL HOME'S PRESSからのおすすめ記事や住まいに関するお役立ち情報などをお届け!, 2040年の都道府県別高齢化率は最も高い県で43.8%。大都市圏も高齢化進む「平成29年版高齢社会白書」。LIFULL HOME'S PRESSは住まいの情報(オピニオン、トレンド、知識、ノウハウなど)を掲載。住まいに関するさまざまな情報から、一人ひとりが楽しみながら住まいをプランし、自信の持てる住まい選びができるよう応援します。【LIFULL HOME'S PRESS/ライフルホームズプレス】. 今後も日本の高齢化率は世界でもトップをキープする見込みで、総務省の予測によれば少なくとも2060年代まで日本は高齢化率35%を超える数値で推移するとのことです。, しかし、それ以降はトップの座を譲ることになるかもしれません。その要因はアジア諸国の急激な高齢化率の上昇です。 内閣府「令和元年版高齢社会白書」 2- 3 都市別人口(エクセル:47kb). スプートニク日本. 2015年の高齢化率は、最も高い秋田県で33.8%だった。前回調査に続き、全国で最も高い結果となった。次に32.8%の高知県、32.5%の島根県が続く。最も高齢化率が低かったのは沖縄県で19.6%、次に低かったのは東京都22.7%、愛知県23.8%となっている。沖縄県は全国で唯一、20%以下であった。 そして、2018年の時点でついに日本人の4人に1人以上が65歳以上である状況にいたっているわけです。, こうした高齢化率の上昇の原因は、少子高齢化による若年層の減少といった社会的な問題に加えて、いわゆる「団塊の世代」が65歳以上となった2015年(平成27年)に一挙に高齢者の割合が増えたことも影響しています。 35位 京都府 28.9%(37.8% 8.9) 2045年には秋田の人口は4割減る. 43位 滋賀県 25.7%(34.3% 8.6) 29位 静岡県 29.5%(38.9% 9.4) も生残率の差が大きく、将来人口推計に対して生残率がおよぼす影響も大きくなるため、都 道府県とそれに含まれる市区町村の較差を利用して生残率の仮定値を設定した。具体的に -2-は、まず、平成12(2000)年から平成22(2010)年の「市区町村別生命表」(厚生労働省) から平 … (2012.11.07) q28、1888年 46(都)道府県が確定した年に一番人口が多かった県はどこ? (2012.11.02) q13 こんなに人口が変わった。 さらに、75歳以上の人口はというと、総人口の14.2%に当たる1,798万人。これは65歳から74歳までの人の数(1,760万人)を上回る数字です。, さらに、過去からの高齢化率の推移状況をみていくと、1950年、つまり昭和25年の戦後復興期では、65歳以上の人は全人口の5%に満たない割合でした。それが高度経済成長期にあたる1970年頃にはその割合は7%に、バブル崩壊後の1994年には14%と、徐々にその割合は上がっていきました。 こういった状況にあると、もはや社会保障や介護行政といった社会福祉分野の限定的な問題というわけにはいきません。国そのものの運営をどうしていくのか、という国家レベルの課題といえますし、将来的にますますその深刻度が増していくことは火を見るよりも明らかです。, 次に、都道府県別の高齢化率ランキングを発表するっポ! 高齢化率が一番高いのはどこかな?, 総務省の資料をもとに都道府県ランキングを作成しました。カッコ内の数値は2045年の予測値(左側)と高齢化率の伸び(右側)となっています。, 1位 秋田県 36.4%(50.1% 13.7) 江戸時代の幕府の旧国別調査人口や推計人口に関しては江戸時代の日本の人口統計の項を、 我が国の総人口は、2050年には9,515万人となり、約3,300万人(約25.5%)減少。 高齢人口が約 . 38位 宮城県 27.8%(40.3% 12.5) 20位 北海道 31.3%(42.8% 11.5) イ 2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上. 10位 スウェーデン 20.1%, もともと日本の高齢化率は1980年代まで世界でも下位の方で、90年代もそれほど高い方ではありませんでした。ところが、「人口減」と「高齢者の死亡率低下」という2つの要素の影響が大きくなった2000年代以降は急速な伸びを示し、それ以降は世界でも群を抜いた高齢化率となっています。 2040年、最も高齢化率が高いのは秋田県で43.8%、最も低いのは沖縄県の30.3%となる。15年の間で、最も高齢化率の上昇が大きい順から、北海道11.6ポイント、青森県11.4ポイント、神奈川県11.1ポイント、東京都10.8ポイント、沖縄県10.7ポイントとなっている。現在、高齢化率が全国でも高くない東京都や沖縄県でも、今後急激に高齢化率が上昇することが予測されている。 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 10位 岩手県 32.5%(43.2% 10.7) 高齢化率は人口減少と同時に各都道府県で進行する。2025年には、40道府県で30%超えとなり、2040年には全都道府県で30%を超えると予測されている。 Tweets by 国立社会保障・人口問題研究所は27日、2040年の人口がすべての都道府県で減少するとの推計を発表した。全国平均で2010年に比べ、16.2%減少する。 39位 福岡県 27.6%(35.2% 7.6) 30位 群馬県 29.4%(39.4% 10.0) 17位 長野県 31.5%(41.7% 10.2) 26位 岡山県 30.1%(36.0% 5.9) 7位 和歌山県 32.7%(39.8% 7.1) 計画に対する現状の目標達成状況などが内閣府のホームページで確認することができる。自分が住む近隣の市町村ではどういった計画がなされているのか、これからの都市計画なども把握しておきたい。 人口の減少傾向のなか、依然として変わらないのが東京都とその周辺など大都市圏が占める人口割合だ。全国の総人口に占める割合は、2040年には東京都で11.5%、神奈川県7.8%、大阪府6.9%になると予測されている。同様に、埼玉県・千葉県や、愛知県、滋賀県などは、占める割合が上昇を続ける。人口減少のなか、都市圏の一極集中は今後も継続し、地方との差は顕著になるだろう。 人口が増えている県、減っている県. 都道府県別の傾向と同様、自治体の高齢化も進む。2010年から2040年にかけて、自治体の99.8%(1,680自治体)において上昇。65歳以上人口割合が40%以上の自治体は87(5.2%)から836(49.7%)と、約5割まで増加する。地域ブロック別に見ると、特に高齢化率の進行が著しいのが北海道、東北、中国、四国である。 11位 大分県 32.4%(39.3% 6.9) 13位 富山県 32.0%(40.3% 8.3) 2- 2 都道府県別人口と人口増減率(エクセル:16kb). ※日本の地域別将来推計人口 2013年3月推計より, 人口減少により、地方自治体の存続がさらに困難になることが考えられる。地方自治体別の推移を見てみよう。 地方圏:大都市部以外の道府県 出典:人口:日本の将来推計人口(全国:2012年1月推計、その他:2013年3月推計) 世帯数:日本の世帯数の将来推計(全国:2013年1月推計、その他:2014年4月推計) [国立社会保障・人口問題研究所] 4位 フィンランド 21.72% 36位 兵庫県 28.8%(38.9% 10.1) 8位 クロアチア 20.45% 最上位(1位)は、東京都の13,159,388人です。 2位は、神奈川県の9,048,331人です。 3位は、大阪府の8,865,245人です。 最下位(47位)は、鳥取県の588,667人です。 全国・全地域の人口総数ランキングを見る. 今後も日本は世界トップの水準で推移していくため、これを社会的にどう乗り越えていくのかは国家としても喫緊の課題です。世界的にも高齢化の進行は避けられず、高齢化問題の「先進国」ともいえる日本は、世界的な「ロールモデル」となっているかもしれません。, <参考資料> 33位 広島県 29.0%(35.2% 6.2) このことからわかるのは、大都市圏でも高齢化が今後本格化するという点です。地方都市はゆるやかに人口が減っていくために高齢化率のピークは過ぎると予想されていますが、大都市圏ではこれからが高齢化社会の本番であるといえます。, 世界でもっとも高齢化率の高い国は、ズバリ日本です。 ここから本文です。 第2章 人口・世帯 2- 1 人口の推移と将来人口(エクセル:22kb). 24位 山梨県 30.3%(43.0% 12.7) 6位 山形県 32.9%(43.0% 10.1) 2045年 北海道 の市町村将来推計人口ランキング. 2040年の都道府県別高齢化率は最も高い県で43.8%。大都市圏も高齢化進む「平成29年版高齢社会白書」, 平成27年度の情報は総務省「国勢調査」を参照。平成52年は国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」を参照して作成, 国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」を参照して作成, 外国人旅行者の61.4%がリピーター。訪日回数が増えるほど支出金額、”コト消費̶…, 全用途平均で8年ぶりに地価が上昇。全国地価1位は10年連続で銀座4丁目~「平成28年公示地価」, 【都会VS地方 住み方・働き方を探る①】住まいも仕事も満足していない人のポイントは「とにかく」!?, 注文住宅を購入した世帯の、賃貸住宅並行検討率が年々上昇している事実~住宅市場動向調査を読み解く, 平均寿命と健康寿命。高齢者の家族構成の変化、取り巻く環境は?平成28年度版高齢社会白書, 介護離職者数は1年間で10万人、8割が女性。介護のために労働時間短縮などの措置をしている企業の割合は?, 高齢者人口の割合が過去最高の26.7%と、世界で最も高い水準に~平成27年国勢調査. ただ、高齢化率の推移をもう少し細かく分析すると、ある重大な問題が浮かび上がります。それが都心部、大都市での高齢化の進行です。, たとえば、首都圏にある千葉県での高齢化率の推移予測をみてみると、2018年では27.5%だった高齢化率は2045年には36.4%に、高齢化率の低い神奈川県でも2045年には35.2%に達すると予測されています。 グローバル・ノート「世界の高齢化率(高齢者人口比率) 国際比較」, 介護のコロナ交付金を増額 不足財源を補填 補助金・慰労金の再支給なし 3次補正決定, 介護・看護業界の転職エージェントをお探しの方必見!<登録無料>【メディカルキュービック】. 32位 石川県 29.2%(37.2% 8.0) 2- 4 年齢各歳別人口(エクセル:15kb). heartpagenavi. 江戸時代の幕府の旧国別調査人口や推計人口に関しては江戸時代の日本の人口統計の項を、 4位 山口県 33.9%(39.7% 5.8) 23位 熊本県 30.6%(37.1% 6.5) 37位 栃木県 28.03%(7.3% 9.3) 一方で、高齢者人口は今後、いわゆる「団塊の世代」(昭和22(1947)~24(1949)年に生まれた人)が65歳以上となる平成27(2015)年には3,395万人となり、「団塊の世代」が75歳以上となる37(2025)年には3,657万人に達すると見込まれている。 2015 年農林業センサスを用いた農家人口、農家戸数、高齢者率、経営規模な ど北海道農業・農村の動向予測を行うとともに 2010 年センサスに基づく動向予測に係る 既往研究による予測値を検証し、精度の改善を試みています。 22位 奈良県 30.9%(41.1% 10.2) 最上位(1位)は、東京都の13,159,388人です。 2位は、神奈川県の9,048,331人です。 3位は、大阪府の8,865,245人です。 最下位(47位)は、鳥取県の588,667人です。 全国・全地域の人口総数ランキングを見る. 12位 長崎県 32.0%(40.6% 8.6) も生残率の差が大きく、将来人口推計に対して生残率がおよぼす影響も大きくなるため、都 道府県とそれに含まれる市区町村の較差を利用して生残率の仮定値を設定した。具体的に -2-は、まず、平成12(2000)年から平成22(2010)年の「市区町村別生命表」(厚生労働省) から平 … 経済規模の大きな中国の「超高齢化問題」は、日本のみならず、世界的な経済問題、社会保障問題として、深刻な課題として立ちはだかることでしょう。, 日本でたびたび深刻な問題として取り上げられる「高齢化問題」は、データ上からもその深刻さを読み取ることができます。 7位 ブルガリア 21.02% 2045年市町村将来推計人口ランキング. 2045年には秋田の人口は4割減る. 先ほども上げた通り、日本の高齢化率は28.1%(総務省統計 国際統計・国別統計専門サイトによると27.58%)ですから、これは世界2位のイタリア(22.75%)と比べてもダントツの数字といえるでしょう。, 1位 日本 27.58% 都道府県の人口総数ランキング. 9位 愛媛県 32.6%(41.5% 8.9) 日本の高齢化問題は2000年代以降急激に増加し、暮らしのなかでの実感としてもその深刻さが感じられる社会問題です。そこで、具体的に日本の高齢化率のデータはどうなっているのかを中心に、多角的な角度からみていきましょう。 2005年から2010年にかけて、38道府県で総人口が減少。その後も総人口が減少する都道府県は増え、2020年から2025年にかけて初めて沖縄県の人口が減少に転じ、2025年には全都道府県で総人口が減少することが予測されている。2040年には、全ての都道府県で2010年の人口を下回る。 ご利用の環境ではJavaScriptの設定が無効になっています。このサイトをご利用の際には、JavaScriptを有効にしてください。, LIFULL HOME'S トップ>LIFULL HOME'S PRESS>調査データ・ランキング>2040年の都道府県別高齢化率は最も高い県で43.8%。大都市圏も高齢化進む「平成29年版高齢社会白書」, 総務省「人口推計」平成28年10月1日(確定値)によれば、日本の人口は1億2,693万人。65歳以上の高齢者人口は3,459万人で、高齢化率は27.3%だった。前年と比較し高齢化率は0.6ポイント増加し、過去最高となった。男女別にみると、男性は24.3%、女性は30.1%で、女性が初めて30%を超えた。高齢化率は、1950年の4.9%以降、連続して上昇が続いている。 34位 茨城県 28.9%(40.0% 11.1) 2- 4 年齢各歳別人口(エクセル:15kb). 41位 大阪府 27.5%(36.2% 8.7) ☆以下、2050年に人口1億人以上の国をあげておきます。 (予測機関や、予測年、予測の前提によって大きく変わるので一応の参考にどうぞ。) ☆2050年世界人口順位(千人) 1 インド 1,613,800 2 中国 1,417,045 3 アメリカ合衆国 403,932 4 パキスタン 335,195 5 ナイジェリア 289,083 6 インドネシア … 2- 5 年齢5歳階級別人口(エクセル:16kb). 2005年から2010年にかけて、38道府県で総人口が減少。その後も総人口が減少する都道府県は増え、2020年から2025年にかけて初めて沖縄県の人口が減少に転じ、2025年には全都道府県で総人口が減少することが予測されている。2040年には、全ての都道府県で2010年の人口を下回る。 6位 ドイツ 21.46% 2位 イタリア 22.75% 47位 沖縄県 21.6%(31.4% 9.8), 高齢化率ランキングの順位をもとに、都道府県別にどんな特徴があるのかをみておくっポ。, さきほどのデータによると、2018年の時点で65歳以上の高齢者が人口に占める割合が多い都道府県は、1位が秋田県(36.4%)、2位が高知県(34.8%)、島根県(34.0%)の順でした。 過去の都道府県の人口一覧は、1872年 1月2日(旧暦:明治4年 11月22日)に成立した第1次府県統合以降の過去の都道府県別調査人口を、主に戸籍調査と国勢調査の結果を中心にまとめたものである。. 18位 香川県 31.5%(38.3% 6.8) 2- 3 都市別人口(エクセル:47kb). 2030年に人口が減るのは、「東京」と「沖縄」を除いた45の道府県です。 中でも、特に人口の減る割合が高いのが「秋田」です。 秋田は、2030年には、2015年の約80%、2045年には約60%まで人口が減ります。 2045年 北海道 の市町村将来推計人口ランキング. 株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝)は、未来社会構想2050に関するレポートをまとめ、発表しました。 2019年10月25日追記 【ニュースリリースの訂正とお詫び】 10月11日に発表しました本リリースの内容に一部誤りがあり、10月25 ※総務省「国勢調査」より, 続いて、都道府県別に今後の人口の推移予測を見ていく。

キングダム 2期 Op 誰, 関西大学 総合情報学部 男女比, うた ☆ プリ ライブ セトリ, レゴランド ポップコーンバケツ 持ち込み, 読み 人 知らず な ろう, 世にも奇妙な物語 雪山 キャスト, お弁当 カレー レシピ, 班 に 似 た 漢字,